はじめまして


 真夜中にはきっと魔法がかけられている。
 だってじぶんで書いたとは思えないような、ふだんはぜったいに書けないような言葉たちが、真夜中のあいだに、じぶんじゃないじぶんによって書き残されている。それはまるで魔法よりも魔法みたいだ。
 たとえばその言葉たちは、あるひとにとっては世界一切ないような歌詞だったり、文学賞へ応募する小説だったり、好きな人へ綴った手紙だったりする。
 真夜中の魔法がないと生まれない言葉たちが、世界にはきっとたくさんあるのだ。





こんばんは(/・ω・)/
木爾チレンです。

このブログには、
真夜中に渡せないラブレターを書くみたいに、
好きなことを書いて、
残していけたらと思っています。
(お仕事情報も載せます)

よろしくお願いします|ω・)

chiren kina


[PR]
by 1000ve | 2016-07-01 02:01 | 日々

小説世界。ショートストーリー。日々。オシゴト情報。


by 木爾チレン / chirenkina